好奇心の強い大学生のちょっとした情報発信

男子大学生のちょっとした情報発信ブログ。話題のあれこれについて書いたり、読者と成長を共にするブログ

MENU

Bluetoothスピーカー・用途・値段別おすすめランキング

Bluetoothスピーカー・用途・値段別おすすめランキング

f:id:grisoluto8810:20180905211023j:plain

こんにちは!はやとです。

 

家の中でも旅行先でも、様々な用途にマッチするBluetoothスピーカー

 

「電源がないと使えないスピーカー」

「配線が面倒なスピーカー」

「無線だと音質が悪い」

 

そんな一昔前の考えが吹き飛ぶようなBluetoothスピーカーを今回は紹介していきたいと思います。

家で高音質に音楽を流したい

「家で映画・ドラマを見るときに迫力ある音が欲しい

旅先でも音楽を楽しみたい

 

こんな思いを持っている方は必見です。

 

Bluetoothスピーカーおすすめの選び方!

f:id:grisoluto8810:20180905211237j:plain

Bluetoothスピーカー自体はかなり認知が広まってきていると思いますが、実際に手にした事がある人はどれほどいるでしょうか?

家にいるときにも、結局iPhoneやパソコンの、備え付けのスピーカーやイヤホンで音を楽しんでる人も多いのではないでしょうか?

しかし、せっかくなら良いスピーカーで音を楽しみながら様々なコンテンツを楽しみましょう

まずは、Bluetoothスピーカーのおすすめ紹介する前に、Bluetoothスピーカーを選ぶ際のポイントを押さえておきましょう!

パッシブラジエータ

まずスピーカーやイヤホンで気になるのは、音質ですよね。
いくら音が大きかったり、防水・防塵機能がついていても、

モヤモヤしたサウンド」「音割れが激しいサウンド

などは聞きたくないですよね。

出来れば直接音を聞く事が一番なのですが(好み等もあるため)、最近はネット通販でしか売ってないものも多いですよね。

そこで、ネットでどのように音質を調べるかというと、パッシブラジエーターが搭載されているかどうかです。

この「パッシブラジエータ」とは、低音域を増幅するスピーカーユニットの事で、特に小型の持ち運びが可能なBluetoothスピーカーなどにこれがついていると、音域に豊かさが出て音質が良くなります。

その他、

  1. youtube等で再生されている動画をみる
  2. レビューを見る

などがあると思いますが、youtubeの場合は、結局
「スピーカー→録音されいてるマイク→再生されている機器」と、本来の音質とはかけ離れている場合も。

また、レビュー等もやはり個人の主観がかなり入る部分も大きいと思います。

「パッシブラジエーター」が搭載されているかは1つの基準としてみてください。

コーデック対応

小型Bluetoothスピーカーだけではなく、中型・大型スピーカーにも該当するのですが、スピーカーの場合、音源からスピーカーまで音を送る際に圧縮変換をしています。

それら全体の仕組みをコーデックと呼びますが、LDAC>apt-X>AAC>SBCの順番に音質が良いものになります。

Androidはapt-XやLDACに対応している事が多いです。
またiPhoneAACに対応しているため、基本的にはAAC以上に対応しているものを選ぶのが良いと思います。

音量/出力

使用用途にもよりますが、音質の次に気になるのは音の大きさ(音量/出力)ですよね。

音量は、ワット数(W)に依存します。

「●W + ●W」と表記されている事が多いです。
広めの空間や、外で使いたい場合は合計で20W以上あるものがオススメです。


一般的な部屋、8 - 10畳の部屋の場合は5 - 10Wでも満足いくと思いますが、クラブのように家でもたまには盛り上がりたい場合は、20Wあるものだと良いと思います。

バッテリー駆動時間

Bluetoothスピーカーには内蔵バッテリーが搭載されているのが当たり前になってきています。

家で使う場合は、同じところに置くのであればバッテリーは長持ちせずとも使えますが、ドライブ中に車の中で利用したり、どこか旅先、特に外で利用することも考えると8時間程度はバッテリーは持った方が良いでしょう。(公称で8時間の場合、6時間ぐらいになるイメージ)

防水・防塵

防水・防塵は特に、野外で使う場合を想定しているときは必須でしょう。

家の中で使用する際も、窓を開けたり、ホコリ、水滴などが入ってしまうことも考慮すると、あって損はないと思います。

判断基準としては、「IP55」以上が目安になります。
この「55」という部分が、順に防塵・防水のレベルになります。


防塵レベルが5の場合、「粉塵が内部に侵入することを防ぎ、万が一入った場合でも少量の場合は動作に支障をきたさない」レベルです。因みに防塵の最大レベルは6です。

 

防水レベルが5の場合は、「全ての方向からいきおいのある水流を直接当てても有害な影響がない」レベルです。因みに防水の最大レベルは8です。

実際におすすめBluetoothスピーカーはコレだ!

f:id:grisoluto8810:20180905211454j:plain

ここまでBluetoothスピーカーの魅力と、選び方を簡単に説明してきましたが、


じゃあ実際にどれがいいのか!?」ということで、

を3つずつ紹介していきます!

コスパの良いBluetoothスピーカー3選

f:id:grisoluto8810:20180905211633j:plain

まずは圧倒的にコスパの良い商品を3つご紹介。
どれも室内で使うには十分のパワーと、クリアな音質を持っています。

また、価格的にもBluetoothスピーカーの中では比較的安くなっています。

第1位 Tronsmart T6

スペック
製品型番 Tronsmart T6
出力 25W(12.5W × 2)
音質 高性能サブウーファー
DSPテクノロジー
防塵・防水 なし
連続可能再生時間 15時間
重量 550g
充電時間 3 - 4時間

映えある第1位は「Tronsmart T6」です。
価格と比較して、音質がとにかくずば抜けて良いです。

高性能サブウーファーと、DSPテクノロジーという独自の技術を利用することで、音の歪みを最大限に抑えつつ、透明感のある高音質を実現しています。

EDMなどを爆音でかけても、音割れもせず、非常に満足のいくBluetoothスピーカーです。

いずれレビュー+音を流している動画をアップロードして記事を書きます!

第2位 Anker SoundCore2

スペック
製品型番 Anker SoundCore 2
出力 12W(6W + 6W)
音質 BassUpテクノロジー
防塵・防水 IPX5
連続可能再生時間 24時間
重量 414g
充電時間 2 - 3時間

こちらはAmazonスピーカー部門で2016,2017年度、ベストセラー1位を獲得した「Anker SoundCore」の上位モデルになります。

音質が更に向上し、尚且つ防水機能が付きました。

さすがAmazonベストセラーということで、圧倒的人気を誇ります。
レビューの数は以上なほどあり、1000件をオーバーするレビューが。

 

若干出力が弱いため、外使うには物足りない場合があります。

第3位 JBL FLIP4

スペック
製品型番 JBL FLIP4
出力 16W(8W + 8W)
音質 パッシブラジエータ
防塵・防水 IPX7
連続可能再生時間 12時間
重量 515g
充電時間 3 - 4時間

こちらはスピーカー界では有名なJBLが手がける小型Bluetoothスピーカーの1つです。

これまで紹介した2つの商品に比べると値段が高いのですが、出力、音質共に非常に満足するものになっています。

またJBL FLIP4は同時接続数が1000台まで可能であり、ダンスサークルなどでは複数台を繋げることで大音量にしながら練習をしていたりもします。

おしゃれなスピーカー3選

f:id:grisoluto8810:20180905211912j:plain

次はBluetoothスピーカーを部屋の家具の1つとしても利用したい方向けに、おしゃれなスピーカーを3つほど紹介したいと思います。

おしゃれ重視なため、若干音量や音質は下がってしまうものもありますので、ご注意下さい!

第1位 JBL PULSE2

スペック
製品型番 JBL PULSE2
出力 16W(8W + 8W)
音質 パッシブラジエータ
防塵・防水 IPX5
連続可能再生時間 10時間
重量 775g
充電時間 4 - 5時間

まずはコスパの良い商品としても紹介したJBL FLIP4の仲間である、「JBL PULSE2」です。

こちらは、スマホのアプリから色を変更したり、光の動きを変更することができます。

イルミネーションとしても利用することができるのですが、何と言っても音質の良さと音量の良さ

家のおしゃれな家具としても、スピーカーとしても大活躍です。

第2位 Pterxiog

スペック
製品型番 Pterxiog
出力 不明(体感5W)
音質 パッシブラジエータ
防塵・防水 なし
連続可能再生時間 4時間
重量 1.35kg
充電時間 1 - 2時間

こちらは見た目が奇抜なためにランクイン

正直音質や音量は微妙です。
が、圧倒的な見た目で全てがチャラ!

電源を入れると約8時間は空中に浮遊しています。
また音楽の再生可能時間は4時間と少なめですが、本当のインテリアとしては最高の1つです。

第3位 ミニBluetoothスピーカー

スペック
製品型番 FT-BS06-white
出力 3W
音質 なし
防塵・防水 なし
連続可能再生時間 6時間
重量 272g
充電時間 2時間

第3位は可愛らしいボール型のスピーカーです。

こちらはスピーカーの光カラーが、自動的に7色が変化していきます。
また単色で光らせることも可能なため、気分によって調整することが可能です。

価格が許すならコレ!最高音質の3選

f:id:grisoluto8810:20180905212045j:plain

いよいよ最高音質!ベストバイの紹介です!!

スペック
製品型番 Bose SoundLink Revolve
出力 不明(体感15 - 20W)
音質 トランスデューサー
パッシブラジエーター×2
音響ディフレクター
防塵・防水 IPX4
連続可能再生時間 12時間
重量 670g
充電時間 3 - 4時間

ベストバイ第1位は、「Bose SoundLink Revolve」です。


何と言っても音質が最高!そして360度あらゆる方向へ完璧にサウンドを届けます。
前後にパッシブラジエータがついているため、非常に深みのある音が奏でられます。

また外観も非常に高級感があり、部屋にあるだけで、部屋全体が高級感漂います。

AmazonのAlexa、AppleのSiri、Google Homeなどにも対応させることができ、まさに完璧なBluetoothスピーカーの1つです。

それを裏付けるかのように、
ビジュアルグランプリ2018 ライフスタイル分科会 受賞
ビジュアルグランプリ2018 SUMMERT ライフスタイル分科会 受賞
と輝かしい経歴があります。

第2位 LSPX-S1

スペック
製品型番 SONY LSPX-S1
出力 不明(体感15 - 20W)
音質 LDAC対応
バーティカルドライブテクノロジー
防塵・防水 なし
連続可能再生時間 4時間
重量 920g
充電時間 1 - 2時間

次は「SONY LSPX-S1」です。

見た目からおしゃれな、有機ガラス管を使用しており、独自技術により、ガラス管そのものが振動板となって音を奏でます。

見た目のお洒落さもそうですが、さすがSONYの一言。
まるで目の前で音楽が奏でられているかのような、不思議な感覚になるスピーカーです。

第3位 JBL CHARGE3

スペック
製品型番 JBL CHARGE3
出力 20W(10W + 10W)
音質 パッシブラジエータ
防塵・防水 IPX7
連続可能再生時間 20時間
重量 800g
充電時間 4 - 5時間

上記の2つのスピーカーと比べると、控えめな価格ですが、IPX7と、最も野外で利用する際に役立つスピーカーです。

 

また音量・音質ともに過不足なく、連続可能再生時間はなんと、なんと20時間です。

 

こちらは持っておいて損はないBluetoothスピーカーの1つです。


まとめ: Bluetoothスピーカーは用途を決めた上でのおすすめ商品の購入が正解!

f:id:grisoluto8810:20180905212253j:plain

いかがでしたか?

 

最近はBluetoothスピーカーでも本当に安くていいものがたくさん出てきました。

特に「Anker」という元Googleの人が作った中国の企業などは、アクセサリをたくさん作っているのですが、どれも品質が良く安いため、色々探すときにも、是非一緒に調べてみてください。

 

家に1台Bluetoothスピーカーがあるだけで、好きなとき映画や音楽を大迫力で流すことができます。またBGMを流して、落ち着きながら本を読むなど...

素敵な毎日を送りましょう!読んでくださりありがとうございました!